目の整形 | 大宮中央クリニック

信頼と実績の中央クリニックグループ 大宮中央クリニック for MEN

forLadies
メール相談
カウンセリング予約

目の整形

目の整形のことでお悩みの方へ

パッチリした目元、すっきりした目元、好みも人それぞれですね。それぞれの好みにそった方法で、憧れの目元をつくります。ほんの数ミリの差で表情が大きく変わるため、大変繊細な技術が必要です。おひとりおひとりに最善のアドバイス、最高レベルの手術をご提供できるよう、全て院長である私がカウンセリングから手術まで、責任を持って担当します。

目頭切開とは

内眼角から上まぶたにかけて張っている蒙古ヒダを切除し、より自然な二重ライン(重瞼ライン)が作られるように皮膚の引っ掛かり(蒙古ヒダ)を解除する治療です。

目頭切開手術を行う事で、目と目の距離が短縮され目元はハッキリとした印象になり、目力アップにつながります。

蒙古ヒダとは

蒙古(もうこ)ヒダとは、日本人に多いとされる上まぶたから目頭にかけて覆い被さっている皮膚部の事ですあり、医学的には内眼角贅皮(ないがんかくぜいひ)と言います。

この蒙古ヒダが極端に被さっている状態の場合は、目間が離れて見えたり、目元の印象がきつく見えたり、目が小さく見えたりもします。

目頭切開法

①切開する蒙古ヒダに印をつけます。

②局所麻酔をします。

③再度、切開する蒙古ヒダに印をつけます。

④蒙古ヒダを切開します。

⑤切開部縫合します。

※目頭切開法手術は、30~50分で終了します。

目頭切開治療後の注意点

※コンタクトレンズは、手術後3日間使用できません。

※5~7日目の抜糸翌日から患部は濡らせます。

※入浴は当日から可能ですが、腫れを最小限に抑える為にも、腫れのある間はぬるめのシャワー浴をお勧めします。

※体が温まる事(入浴・運動・飲酒)で、腫れやすくなり、腫れが引きにくくなってしまいます。

※腫れのピークは2~5日です。1週間程で腫れは7~8割は引きます。

※経過には個人差があり、左右の腫れ方、腫れの引き方も異なる為、治療後の多少の左右差は1ヶ月程で揃ってきます。

二重埋没法

二重埋没縫合とは…

まぶたの重みやハレぼったさ、目つきの悪さを改善されたいという方、細い目を大きくしたい、逆さまつげを治したい・・・と様々な悩みを目の二重治療で改善されています。アイプチ(二重接着剤・テープ)を使い二重にする方も多くいらっしゃいますが、アイプチを使い続けていると、まぶたの炎症、老化、つっぱり感、不自然さ、水に弱くすぐに外れてしまう、アイメークが上手に出来ないという悩みを多く聞きます。

二重か一重かは生まれつきのもので、一重の人は、まぶた(瞼)を引き上げる筋(上眼瞼挙筋)が瞼板(けんばん)のみで引き上げられています。それに対し、二重の方は、その筋肉が上眼瞼(うわまぶた)の所まで伸びていて、瞼板と2ヶ所でまぶたを引き上げます。それにより折れ目に皮膚がたくし込まれる事で、はっきりとした二重のラインが出来ます。

埋没法とはメスを使わずに、二重のラインを作り、まぶた(瞼)の裏から針で特殊な糸(髪の毛ほどの医療用の極細な糸)を通し、糸の輪を作ります。この輪がまぶた(瞼)に折れ目を作る事で二重のラインを作り出し、まぶたの中に埋め込む事で、でこぼこ感のない自然なラインが出来ます。皮膚を切開しないので、ハレも少なく、二重の幅を自由に変更出来る安心な治療です。糸がとれてしまったり、ゆるんでしまったりする為、永久的治療ではありません。生まれつき両目が二重の方、左右異なる方、まぶたがハレぼったい方など、その方の状態によりご治療内容は異なりますが当院は完全埋没、瞼板上端固定法で患者様の負担を最大限軽減しています。

ラインがなくなる可能性ライン変更再治療腫れのピーク適したライン(型)
埋没法 ある 出来る 可能 2~3日 末広型 ◎
平行型 △
マイクロカット法 ある 出来る 可能 2~3日 末広型 ◎
平行型 △
部分切開法 ない(ラインがうすくなることが有る) 出来ない 同じラインであれば可能 3~5日 末広型 ◎
平行型 ○
全切開法 ない(ラインは消えないがうすくなることが有る) 出来ない 同じラインであれば可能 3~5日 末広型 ◎
平行型 ◎
瞼板法

瞼板という組織と皮膚を糸で結び二重まぶたを作る方法です。

瞼板法
メリット
・腫れが少ないです。
・糸を抜去しやすいです。(元に戻しやすいです)
デメリット
・まぶたの裏に糸が出たままの状態になりやすく、角膜に対し刺激症状が出やすいです。
・元に戻ってしまいやすいです
挙筋法

眼瞼挙筋という筋肉と皮膚で糸を結び二重まぶたを作る方法です。

挙筋法
メリット
・角膜に対し刺激が少ないです。
・糸の掛け方が二重の解剖学的に類似しています。
デメリット
・糸の結び方が強いと、一時的に眼瞼下垂を起こしやすいです。
・眼瞼血腫を起こしやすく、腫れが大きいです。
瞼板上端

瞼板上端と皮膚で糸を結び二重まぶたを作る方法です。

瞼板上端

両方のメリットを活かし、解剖学的に自然である事、瞼板上端は柔らかい組織である事から術後の腫れや出血が抑えられます。瞼板(軟骨)という支持組織に糸をしっかり固定できる為、糸がとれにくい事と糸がまぶたの裏側に出ない為、角膜刺激が全くない完全埋没法です。瞼板法・挙筋法の欠点を改善、利点を活かした患者様に負担の少ない安全な治療法になります。

治療内容

STEP1:デザインします。
STEP2:目薬をします。
STEP3:消毒します。
STEP4:再度デザインします。
STEP5:局所麻酔します。
STEP6:糸をかけ、ラインを作ります。
STEP7:消毒します。
STEP8:15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~8日 なし(自己点眼)
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

5分~10分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 腫れのある間はお控え下さい。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 治療直後はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
注意事項

コンタクトレンズは手術後3日間は使用できません。ハレのピークは2~3日です。5~7日程でハレの7~8割は引きます。ハレの引き方は、左右眼瞼挙筋の収縮力の差等により生理的左右差が強調される事があります。手術直後が完成ではなく、完全にハレが引くまでは1~2ヶ月を要します。又、この手術は、二重にするものでありたるみ(タルミ)を取る事は出来ません。

マイクロカット法

マイクロカット法とは…

埋没縫合法で作られた二重のラインをより戻りづらくする治療です。本来埋没縫合法の二重のラインが戻りやすくなる原因は余分な脂肪や皮下組織と言われています。

眼窩脂肪(まぶたの脂肪)を、二重のラインに沿って1ミリ程切開し糸の結び目となる周辺の皮下組織を少量除去します。切開部にまぶた(瞼)の裏から針で特殊な糸(髪の毛程の極細な糸)を通し、糸の輪を作ります。この輪がまぶた(瞼)の折れ目を作ることで二重のラインを作ります。皮下組織の一部を除去する事で糸への負担が軽減し、埋没法と比べしっかりと、取れにくいラインを作ることが可能となり、傷跡はほとんどわからない方法です。

治療内容

STEP1:デザインします。
STEP2:目薬をします。
STEP3:消毒します。
STEP4:再度デザインします。
STEP5:局所麻酔します。
STEP6:マイクロカットします。(糸の結び目となる周辺の皮下組織を少量除去します。)
STEP7:糸をかけ、ラインをつくります。
STEP8:消毒します。
STEP9:15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~8日 なし(自己点眼)
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

10分~20分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 1週間はお控え下さい。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 治療直後はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
注意事項

◎コンタクトレンズは手術後3日間は使用出来ません。ハレのピークは1週間です。おおまかなハレが引くまでは個人差がありますが、完全に腫れが引くまでは1~2ヶ月を要します。手術直後が完成ではありません。

◎ハレの引き方は左右眼瞼挙筋の収縮力の差等により生理的左右差が強調される事があります。又この手術は二重にするものであり、たるみ(タルミ)を取る事は出来ません。

目のたるみ取り治療後の注意点
※コンタクトレンズは、手術後7日間使用できません。

※5~7日目の抜糸翌日から患部は濡らせます。

※入浴は当日から可能ですが、腫れを最小限に抑える為にも、腫れのある間はぬるめのシャワー浴をお勧めします。

※体が温まる事(入浴・運動・飲酒)で、腫れやすくなり、腫れが引きにくくなってしまいます。

※腫れのピークは2~5日です。1週間程で腫れは7~8割は引きます。

※経過には個人差があり、左右の腫れ方、腫れの引き方も異なる為、治療後の多少の左右差は1ヶ月程で揃ってきます。

※手術直後が完成ではなく、完全にハレが引くまでは1~2ヶ月を要します。

Q&A
治療後は、糸は目立ちますか?傷跡は?
糸は上まぶたの内側に埋没してありますので糸は分かりません。治療時、針穴は出来ますが一時的なもので少しずつ自然に分からなくなります。傷跡はほとんど分かりません。
術後眼科検診の際、埋没法治療を受けた事を伝えた方が良いでしょうか?
糸の露出、角膜突、化膿(感染)など、原因を追求する為でしたら治療を受けた事を伝える事が賢明です。
埋没した糸は、レントゲンに写りますか?
レントゲンに写る事はありませんのでご安心下さい。
腫れを早く引かせる事は出来ますか?
治療後2~3日冷やして頂く事で腫れを少し落ち着かせる事は可能です。又、腫れを最小限に抑える”シンエック”(腫れ止め)を処方する事も出来ます。ご相談下さい。
治療後、気を付ける事はありますか?
まぶたを直接触れる事で(洗顔・メイク等によりまぶたをこする為)ハレを悪化させてしまいます。治療後はなるべく触れないように気を付けて下さい。又、入浴・飲酒・スポーツをする事で体が温まり、血行が良くなる事でハレを悪化させてしまいますのでお控え下さい。
本格アイメイクはいつから可能ですか?(マスカラ・つけまつ毛)
まぶたの腫れが有る2~3日は、直接まぶたに負担をかけるマスカラ・つけまつ毛をする事はお控え下さい。(化粧をする事よりもアイメイクを落とす時、まぶたへの負担が強い為)
埋没法の治療後、元に戻す事は出来ますか?
埋没した糸を抜糸する事で元に戻す事が出来ますが、ある程度期間が経過してしまいますと二重のクセが定着し、二重のラインがうっすら残る場合があります。

部分切開法

部分切開法とは…

まぶたの重み・たるみ(タルミ)があり、埋没法・マイクロカット法ではすぐ戻ってしまう方、又、全切開法をする方法まで治療を希望されない方の治療となります。希望のラインの数ヶ所を4~5ミリ切開する事でしっとりとしたライン作りをする治療です。

希望の二重のラインに沿って、数ヶ所を4~5ミリ切開しますので全切開法よりもハレの心配が少なくなります。傷跡は二重のライン上に出来、薄い白い線として残ります。まぶた(瞼)の自然なラインとして見える為目立ちません。

治療内容

STEP1:デザインします。
STEP2:目薬をします。
STEP3:消毒します。
STEP4:再度デザインします。
STEP5:局所麻酔します。
STEP6:切開します。糸をかけ、ラインを作ります。
STEP7:ナイロン糸で縫合します。
STEP8:15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~5日 消毒
6~8日 抜糸
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

20分~30分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 抜糸翌日から可能です。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 治療直後はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
注意事項

◎コンタクトレンズは抜糸後より可能です。ハレのピークは1週間です。おおまかな腫れが引くまでは個人差がありますが、完全に腫れが引くまでは1~2ヶ月を要します。手術直後が完成ではありません。

◎ハレの引き方は左右眼瞼挙筋の収縮力の差等により生理的左右差が強調される事があります。又この手術は二重にするものであり、たるみ(タルミ)を取る事は出来ません。

全切開法

全切開法とは…

埋没法では糸がとれてしまう為、永久的なラインを希望される方、二重のラインを幅広く平行型を希望される方に適した治療法です。埋没法治療に比べ、くっきりとした二重のラインが可能となります。希望の二重のラインに沿って、切開する事でまぶた(瞼)の上に二重のラインを作り、切開部を糸で丁寧に縫合します。傷跡は二重のライン上に出来、白い一本の線とし残りますが、まぶた(瞼)の自然なラインの様に見える為目立ちません。

治療内容

STEP1:デザインします。
STEP2:目薬をします。
STEP3:消毒します。
STEP4:再度デザインします。
STEP5:局所麻酔します。
STEP6:切開します。糸をかけ、ラインを作ります。
STEP7:ナイロン糸で縫合します。
STEP8:15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~5日 消毒
6~8日 抜糸
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

30分~40分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 抜糸翌日から可能です。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 治療直後はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
注意事項

◎コンタクトレンズは抜糸後より可能です。ハレのピークは1週間です。おおまかな腫れが引くまでは個人差がありますが、完全に腫れが引くまでは1~2ヶ月を要します。手術直後が完成ではありません。

◎ハレの引き方は左右眼瞼挙筋の収縮力の差等により生理的左右差が強調される事があります。切開部は二重の中にかくれ目立ちませんが、完全に消えてしまう事はありません。手術後ラインの変更は出来ません。

Q&A
ラインが消える事はありませんか?
まぶたの上に切開したラインは消えません。二重のラインを作る糸が年月によりゆるむ事で、二重のラインが薄く感じられる事があります。
周りの人に知られたくないので、片方ずつ治療する事は可能ですか?
片方ずつの治療は可能です。片方ずつ時間をずらす事で眼帯などで気づかれない様にする事は可能です。
角膜や眼球を傷付けたりしませんか?
まぶたの皮膚を切開しますので、角膜・眼球を傷付ける事はありませんのでご安心下さい。
施術後の傷跡は気になりますか?
最初は目をつぶると切開のラインの赤みが気になりますがお化粧でカバー可能です。3~6ヶ月程で気にならなくなります。
つっぱり感はいつ頃なくなりますか?
違和感・つっぱり感は個人差により異なりますが、半年~1年かかる事もあります。
切開法の治療後、ラインの変更は可能ですか?
一度切開をしますとライン変更は難しくなります。治療前に十分なカウンセリングしますのでご相談下さい。
ラインは自然な仕上がりとなりますか?
腫れと切開した部分の固さがとれれば自然な仕上がりになります。状態により、蒙古ひだが強くひっかかって二重のラインを邪魔している場合は、切開法二重術と共に目頭切開の治療が必要となります。ご相談下さい。

目頭切開

目頭切開とは…

目頭にある小さな皮膚のヒダを蒙古ヒダと言います。欧米人は、二重のラインが平行型で目頭の部分にある涙丘という赤い部分が見えています。蒙古ヒダは東洋人特有と言われ、蒙古ヒダがある事で、二重のラインが埋もれて目が小さく見えたり、目の間隔が離れて見えたりします。日本人は蒙古ヒダが存在する為に二重のラインが末広型が多いと言われています。ラインの邪魔になっているヒダを切除する事で目をすっきり大きく見せる治療です。

目頭から目尻にかけて二重の幅が段々広がっていく末広型ではなく、目頭から目尻にかけて幅広いくっきり二重(平行型)を作る事が出来ます。目頭部分の余分な皮膚(蒙古ヒダ)の状態は、個人差があります。余分な蒙古ヒダ部分を状態に合わせて処理し、髪の毛程の細い糸で縫合します。余分な皮膚を切除しない方法・切除する方法と治療方法をご状態に合わせご案内します。又、二重術と同時に治療する事でより一層、希望に沿う事が出来ます。

蒙古ヒダの皮膚を切除するのではなく立体的にずらして入れ替える方法です。蒙古ヒダの皮膚を切除する目頭切開法と比べると、縫合部が目立ちやすくなります。

蒙古ヒダの皮膚を切除します。目頭の際に沿い、縫合しますので傷跡は目立ちにくくなります。

治療内容

STEP1:目薬をします。
STEP2:消毒します。
STEP3:デザインします。
STEP4:局所麻酔をします。
STEP5:切開します。余分な蒙古ヒダを切除します。(蒙古ヒダの皮膚を切除する方法のみ)
STEP6:ナイロン糸で縫合します。
STEP7:目薬し、15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~5日 消毒
6~8日 抜糸
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

20分~60分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 抜糸翌日から可能です。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 当日はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
注意事項

◎コンタクトレンズは、抜糸後より可能です。

◎腫れのピークは1週間となります。おおまかな腫れが引くまでは個人差がありますが、完全に腫れが引くまでは1~2ヶ月を要します。手術後が完成ではありません。腫れの引き方は左右差があります。切開部の傷跡は完全に消える事はありませんが、目元のしわ(シワ)の一部とし、自然となりあまり目立ちません。

Q&A
埋没法二重の手術をしているのですが、目頭切開の治療は可能ですか?
二重術をしていても目頭の治療は可能です。目頭の治療をする事によって現ラインは変わります。
仕事は通常通りに出来ますか?
当日より可能です。抜糸までの間は目元に糸が付いていますので、接客業の方はメガネ等着用する事をお勧めします。
周りの人に知られたくないので、片方ずつ治療は可能ですか?
片方ずつの治療は可能です。片方ずつ時間をずらす事で眼帯などで気付かれない様にする事は可能です。
傷跡は目立ちますか?
最初は切開部の赤みが気になりますが、お化粧でカバー出来ます。3~6ヶ月程で、気にならなくなります。
つっぱり感はどの位で無くなりますか?
違和感・つっぱり感は個人差により異なりますが半年~1年かかる事もあります。
角膜や眼球を傷付けたりしますか?
目頭部の切開ですので、直接角膜や眼球を傷付ける事はありませんのでご安心下さい。
痛みはありますか?
麻酔をする際、針をさす”チクリ”と感じる痛みはあります。治療中は麻酔が効いてますのでほとんど痛みを感じませんのでご安心下さい。

眼瞼下垂

眼瞼下垂とは…

上まぶたが垂れ下がって正常よりも、黒目に覆いかぶさる状態を眼瞼下垂と言います。眼瞼には、眼球を乾燥や損傷などから防ぐ役割があります。特に上眼瞼には眼を開ける為の筋肉(眼瞼挙筋)の働きが悪くなると、上眼瞼が上らず、上下の眼瞼の幅が狭くなります。

生まれた時から眼瞼挙筋の発達が悪い先天性眼瞼下垂や加齢と共に皮膚のたるみ(タルミ)・筋の疾患を発症する老人性眼瞼下垂があります。最近では長期のハードコンタクトレンズの使用により筋の疾患を発症する瞼膜性眼瞼下垂(コンタクトレンズ眼瞼下垂)の後天性眼瞼下垂が挙げられます。

上まぶたが垂れ下がっている事で、「眠たそうに見える」「目が細い」「目つきが悪い」等の外見に伴い、目を開ける筋肉(眼瞼挙筋)の力を補う為に、額の筋肉を使い、額のしわ(シワ)が深く刻まれてしまう事、肩こり・頭痛・疲労感・弱視の原因にもつながる事から様々な症状が眼瞼下垂治療で改善する事が出来ます。一人一人の状態により、必要があれば上瞼脂肪除去・たるみ(タルミ)除去など同時に治療する事で、すっきりと美しい目元を手に入れる事が可能です。

先天性 先天性眼瞼下垂(せんてんせいがんけんかすい) 生まれつき瞼を上げる筋肉が弱いために起こったもの。
後天性 老人性眼瞼下垂(ろうじんせいがんけんかすい) 皮膚のたるみ(タルミ)・瞼を上げる筋肉の弛緩し伸びてしまったもの
瞼膜性眼瞼下垂(けんまくせいがんけんかすい) 長期ハードコンタクトレンズの使用で筋肉の腱が伸び力の弱くなってしまったもの
下垂の症状程度

<挙筋短縮法>
挙筋腱膜が薄く伸びてしまったり、瞼板から外れてしまう事で、筋力が上手く伝わらないため起こる。
眼瞼下垂では、離れたり伸びてしまった挙筋腱膜を瞼板に短縮し固定しなおす事で筋力を正常な状態に戻す事が出来ます。

治療内容

STEP1:目薬をします。
STEP2:消毒します。
STEP3:デザインします。
STEP4:局所麻酔します。
STEP5:再度デザインします。
STEP6:切開します。
STEP7:眼窩脂肪を上へよけ、眼瞼挙筋を結膜より剥離します。
STEP8:挙筋を引っぱりながら、確認をし、靭帯を丁寧に切除します。
STEP9:目を開閉させながら短縮術を決めます。
STEP10:短縮した挙筋を瞼板上縁にナイロン糸で固定縫合します。
STEP11:表皮を丁寧に縫合します。
STEP12:消毒し、15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~5日 消毒
6~8日 抜糸
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

30分~40分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 抜糸翌日から可能です。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 当日はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
生活制限

◎コンタクトレンズは、抜糸後より可能です。

◎腫れのピークは1週間となります。おおまかな腫れが引くまでは個人差がありますが、完全に腫れが引くまでは1~2ヶ月を要します。手術後が完成ではありません。腫れの引き方は左右差があります。切開部の傷跡は完全に消える事はありませんが、目元のしわ(シワ)の一部とし、自然となりあまり目立ちません。

Q&A
眼瞼下垂の治療後、頭痛・肩こりが改善されますか?
眼瞼下垂が原因(目の開閉時の負担)で頭痛・肩こりが挙げられている場合、7~8割の方が手術改善されているとされています。しかし、手術前に原因を確認出来ない為、全てを改善されるとは言い切れません。
眼瞼下垂によって出来た額のしわ(シワ)は、眼瞼下垂治療で改善されますか?
出来てしまったしわ(シワ)に対しては眼瞼下垂治療では無くなる事はありません。コラーゲン・ヒアルロン酸・ボトックス注入治療で改善・予防は可能です。同時治療も可能ですのでご相談下さい。
痛みはありますか?
麻酔の針をさす際”チクリ”と痛みはありますが、治療中は麻酔が効いていますので痛みはありません。
傷跡は出来ますか?
切開した部分の傷跡は白い一本の線として残りますが、二重のラインとなり目立たなくなります。
コンタクトレンズ(ハード)を使用する事で眼瞼下垂になった場合、コンタクト(ハード)を使用し続ける事により眼瞼下垂治療後、再度眼瞼下垂になりますか?
可能性はあります。コンタクトレンズ(ハード)使用にて再度瞼膜性眼瞼下垂(コンタクト眼瞼下垂)になる事は考えられます。
他院で眼瞼下垂の手術を受けました。再度治療を考えていますが、治療は可能ですか?
可能となります。しっかりとカウンセリングを行いますのでご安心下さい。
目元のメイクはいつから可能ですか?
抜糸翌日より可能です。

脂肪除去

上眼瞼(上まぶた)脂肪除去とは…

脂肪の多い腫れぼったい目の余分な上眼窩脂肪を取り除きすっきりさせる手術です。「むくんでしまう」「朝起きた時目がハレる」「埋没法なとの糸で留めるだけの治療ではすぐ戻ってしまう」という方に最適の治療法です。

上まぶたを1ヶ所1ミリ程切開し、微小の穴から外側の上眼窩脂肪を中心に取り除いていきます。二重の方の場合、ラインの上に沿って目立たない様切開し、一重の方の場合、傷の目立ちにくい目のキワを切開していきます。1ミリ程の穴は縫合する必要もなく、手術後の通院も必要ありません。日常生活に支障のない手術です。

治療内容

STEP1:デザインします。
STEP2:目薬をします。
STEP3:消毒します。
STEP4:局所麻酔をします。
STEP5:1ミリほど切開します。
STEP6:脂肪を除去します。
STEP7:消毒し、15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~8日 自己点眼
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療後の通院

10分~15分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 1週間はお控え下さい。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 当日はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
Q&A
腫れや皮下出血はどの位ですか?
個人差はありますが、大体1週間前後となります。
手術をする事で、視力が下がったりする事はありますか?
角膜やレンズを傷つける事はありませんので、視力が下がったりする事はありません。
コンタクトは当日からつけても良いですか?
目に負担をかけないために、3日間はつけない様にして下さい。
二重手術と脂肪除去は同時に手術可能ですか?
両手術同時に行う事も可能です。
脂肪をもう少し取りたい場合、再度手術も可能ですか?
ご状態にもよりますが、再度お取りする事も可能です。1度ご相談下さい。
目薬はいつまでさせば良いですか?
なくなるまで1日4回点眼して下さい。
傷は跡として残りますか?
1ミリ程の切開になりますので傷は目立つ事はありませんのでご安心下さい。
下眼瞼(下まぶた)脂肪除去とは…

加齢によって現れる下まぶたや涙袋の膨らみ、腫れぼったさ、目の下のクマに対し、原因である眼窩脂肪と呼ばれる脂肪を取り除く手術です。眼窩脂肪とは眼輪筋と眼球の関係で前方に押し出される下まぶたの膨らみの事です。

目の下の脂肪は内側、中央、外側と3つに分かれていますので状態に合わせてバランスよく脂肪を取り除いていきます。「下まぶたがたるんでいて疲れて見える」「老けて見える」という方にお勧めの治療となります。経結法による脂肪の除去は皮膚のタルミ(たるみ)の比較的少ない若い方に向く手術です。手術後は腫れも少なく、皮膚の内側を切開する為、日常生活に支障の少ないお休みがなかなか取れないという方に最適の手術となります。

クマ(くま)とは・・・影や凹みの事をいいます。

クマ 種類原因治療法
影グマ 眼輪筋の弛緩と眼球の重さが合わさって眼窩脂肪が押し出される 経結膜下法 ヒアルロン酸コラーゲン注入
青グマ 血行不良による血液の酸素不足 血液の流れを改善させる治療
茶グマ 紫外線、乾燥、摩擦によってメラニンが沈着してしまう事 美白を中心とする治療
治療内容

STEP1:目薬します。
STEP2:消毒します。
STEP3:目を反転し、局所麻酔します。
STEP4:数ミリ切開します。
STEP5:下まぶたに凹凸が出来ないように、確認しながら、脂肪除去します。
STEP6:消毒します。
STEP7:15~20分程クーリングします。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~8日 自己点眼
1ヶ月後・3ヶ月後 定期検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。

治療時間

20分~25分

生活制限
内容制限
洗顔 患部を濡らさなければ当日から可能です。
メイク 患部以外であれば当日から可能です。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 1週間はお控え下さい。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 当日はお控え下さい。
スポーツ 1週間はお控え下さい。
下眼脂肪除去の効果
下眼瞼の眼窩脂肪を除去する(脱脂)効果は、

◇下瞼のクマを改善

◇スッキリとした目元

◇若々しい目元

◇むくみ改善

◇腫れぼったさを改善

◇重たさを改善

などの効果が得られます。

Q&A
目薬はいつまで続ければ良いですか?
なくなるまで1日4回点眼して下さい。
手術後、目の下がかさかさになったり肌質に影響出たりしますか?
この手術でかさかさしたり、肌質が変わる事はありませんので、ご安心下さい。
コンタクトは当日からつけても良いですか?
念のため、3日間はつけない様にして下さい。
60歳ですが、手術は受ける事は出来ますか?
手術をする事は可能ですが、年齢的に肌のハリが大分失われている事により、小じわが目立ってしまう可能性が高くなりますので、目の下を切って縫い合わせるたるみ(タルミ)取り治療をお勧めします。まずはご相談下さい。
切開した所は縫合の必要はないんですか?
下まぶたの裏側を小さく切開するだけですので、切開した粘膜は自然治癒していきますので縫合の必要はありません。
腫れや皮下出血はありますか?
腫れや皮下出血が出にくい手術です。術後、腫れ、皮下出血がでてもメイクでカバー出来ますのでご安心下さい。
経結膜法と目の下の皮膚を切って縫い合わせる方法の違いは何ですか?
違いは皮膚の表面に傷が出来るか、出来ないかになります。目の下の皮膚を切って縫い合わせる方法は1週間前後は腫れや皮下出血が目立ち抜糸が必要ですが、経結膜法は内側を少し切開する程度ですので、腫れ、皮下出血も少なく、抜糸も必要ありません。
下眼(下まぶた)の眼窩脂肪除去(脱脂)治療の傷は目立ちますか?
下眼(下まぶた)の眼窩脂肪除去(脱脂)治療は、瞼の裏の結膜から脂肪除去(脱脂)をしますので傷は目立つ事はありません。
下眼(下まぶた)の眼窩脂肪除去(脱脂)治療は、眼球や結膜に害を与える事はないですか?
結膜を切開した部分は自然となおり、眼球を傷つけるような事もありませんのでご安心ください。
20歳ですが、それでも手術可能ですか?
目の下のたるみが少ない若い方に向いている手術となりますので、下眼(下まぶた)の眼窩脂肪除去(脱脂)治療は可能になります。
目の下の脂肪除去(脱脂)は内側 、中央、外側のどの部分が除去できますか?
下眼(下まぶた)の眼窩脂肪除去(脱脂)治療は、下眼脂肪の3つの部分からバランスよく除去(脱脂)していきます。
50代なんですが、目の下の皮膚を切らずに脂肪除去(脱脂)は可能ですか?
下眼(下まぶた)の眼窩脂肪除去(脱脂)のみ治療した場合、目の下のしわやたるみが目立ってしまう可能性はありますので1度ご相談ください。

ヒアルロン酸(涙袋・くぼみ)

涙袋(目袋)とは…

涙袋とは涙堂(るいどう)とも呼ばれ、下まぶた(まつ毛の際)にある眼輪筋により形作られる、ふっくらとした盛り上がりの事を言います。涙袋を形成する事により、顔全体の印象が柔かくなり、笑った時立体感を出す事で若々しく魅力的な目元になります。又、目の下にハリが生まれる事で小じわをのばす効果も期待出来ます。ヒアルロン酸(ジュビダーム・ウルトラ)を注入し、涙袋(目袋)を形成する事が可能です。

上下眼瞼くぼみとは…

瞼(まぶた)の脂肪が、加齢変化により萎縮してしまう事、また体質的な要素もあります。上下まぶたがくぼむ事で、実年齢より老けて見られ暗い印象を与えてしまいます。

くぼみの原因で考えられる事は、①元々、まぶたの皮膚や脂肪組織が少なく、加齢により脂肪の減少・下垂(頬の脂肪の下垂により下眼瞼のくぼみの原因など)・体重の急激な変化による影響(ボリューム不足)が考えられます。②目を見開く時の筋肉(上眼瞼挙筋)の力が弱く、額の筋肉(前頭筋)を使い見開いている事(額のしわ(シワ)をよせて、眉を上げている状態)が原因でくぼみが生じている事が考えられます。

①の場合は、ヒアルロン酸(ジュビダームウルトラ)・脂肪注入(自己皮下脂肪)治療が適応されます。年齢的変化が出やすい目のまわりの部分ですので、状態(目の周りの皮膚の厚さ、薄さ)・希望(持続性、吸収率)など個人差により、ヒアルロン酸(ジュビダーム・ウルトラ)・脂肪注入(自己皮下脂肪)を行う事によって、くぼみを改善し、美しい目元にする事が可能となります。どの治療が一番良いか診察の上、適切にご案内します。

②の場合は、眼瞼下垂が考えられる為、適切な診察が必要となります。顔の凹凸(おうとつ)を使う事で、表情が豊かになり明るく若々しい印象となります。

ジュビダームウルトラプラスとは…

注入剤に麻酔(リドカイン0.3%)が含まれているのが特徴であり、メーカーの治験によると治療された患者様の75%の方がリドカイン入りの注入剤と比べ、注入時の痛みが少なく大幅に軽減されたと言われています。

ジュビダームは、ゲルが均質であり、粒子を全く含まない単相ゲルです。よって、注入時に真皮へ均等に浸透するのを容易にし、不規則な仕上がりを回避します。この優れた同質性は注射の流速のバラつきを小さくし、より均一な注入が可能となります。

また、流動性の優れさから30Gという極細の針を使用する事と、麻酔成分が配合されている事により、他のヒアルロン酸と比べ痛みが少ない事が特徴で注入時の痛みを軽減します。ジュビダームウルトラプラスはゲルの硬さが中程度~硬度のもので、深いしわや骨格形成、口唇のヴォリュームアップや隆鼻に対して真皮内の下眉に注入します。持続期間は個人差がありますが、大体6ヶ月~1年となります。アレルギーの原因となる防腐剤を含まない為、アレルギーを起こす心配がありません。

治療内容

STEP1:クーリングします。
STEP2:消毒します。
STEP3:注入します。

治療後の通院
当日 患部には触れないで下さい。
2~5日 なし
6~8日 なし
1ヶ月後・3ヶ月後 なし

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。t

治療時間

2分~3分

生活制限

特に制限はありません。

注意事項

◎注入後、部分的に皮下出血が出る場合があります。通常2~3日で消失します。腫れ・赤みのあるうちは直射日光に長時間当たらない様にして下さい。目元を強くこすったり、大きな負担をかけないで下さい。ヒアルロン酸(ジュビダーム・ウルトラ)は永久的な方法ではなく、体内に吸収されますので、再注入が必要です。

Q&A
治療後にメイクは出来ますか?
メイクをしても問題ありません。
効果はすぐに分かりますか?
注入後鏡で確認しますので、効果はすぐに分かります。
治療時の痛みはありますか?
針をさす時に”チクリ”とした痛みはありますが、最初だけで痛みは続きませんのでご安心下さい。自然に和らぎます。
傷や跡は残りますか?
大きな傷跡は残りません。針穴は出来ますが、数日で目立たなくなります。部分的に皮下出血が出る方もいらっしゃいますが2~3日で自然に消退していきますし、メイクでカバー出来ます。
目元に、注入する事で視力に影響は出ますか?
角膜やレンズを傷つける事はありませんので視力には影響しません。
当日の入浴は大丈夫ですか?
身体を温める事により血行が良くなり腫れや赤みがでやすくなりますので、長湯は避けて下さい。
また再度注入したい場合、どの位の間をあければ注入出来ますか?
追加注入はいつでも可能となります。

脂肪注入

脂肪(自己皮下脂肪)注入とは…

ご自身のお腹・二の腕・お尻など、その方の脂肪が豊富に付いている部位より余分な脂肪を取り除き、その脂肪を希望注入箇所へ注入します。注入する事により若々しくハリのある豊かな表情を作る事が出来ます。ご自身の脂肪(自己皮下脂肪)ですので拒絶反応やアレルギー等の心配はありません。顔の脂肪の生着率は高いと言われていますが、通常注入後、生着するまでに脂肪細胞の50~70%程が吸収され体外へ排出されます。「定着する脂肪」「排出される脂肪」とに分かれ落ち着くまでには約3~6ヶ月程かかります。

ヒアルロン酸(ジュビダーム・ウルトラ)での注入は、吸収されてしまう事から、生きている細胞=幹細胞を注入し生着させる事で持続の維持を求める方に適した方法となり、毛細血管の再生を早める自己血小板(成長細胞)を同時に注入する事によって通常の脂肪注入の定着率をアップする事が出来ます。この方法により吸収率を減らし、生着率を上げる事が可能になり、自分の脂肪組織を使うので肌に馴染みやすく美しい仕上がりが期待出来ます。

治療内容

STEP1:採血し、脂肪に混入させる自己血小板を準備します。
STEP2:クーリングします。(注入部)
STEP3:デザインします。
STEP4:消毒します。
STEP5:局所麻酔します。
STEP6:1cm前後切開し、脂肪を少量吸引していきます。
STEP7:吸引した脂肪から幹細胞を取り出し、抗菌作用のある薬剤で丁寧に洗浄し、自己血小板を混入し、注入箇所へ注入します。
STEP8:脂肪吸引部の切開部をナイロン糸で縫合します。
STEP9:消毒し、吸引部をガーゼ固定します。
STEP10:(注入部)15~20分程クーリングします。

治療後の通院
注入患部切開患部
当日 患部には触れないで下さい。
2~5日 なし 消毒しテープ固定
6~8日 なし 抜糸しテープ固定
1ヶ月後・3ヶ月後 検診 検診

※検診以外でも、ご心配な事がございましたら、対応させて頂きますのでご連絡下さい。t

治療後の通院

30分~40分

生活制限
内容制限
洗顔 当日はお控え下さい。
メイク 当日はお控え下さい。
シャワー 患部を濡らさなければ当日から可能です。
入浴 抜糸翌日から可能です。
飲酒 1週間は禁酒です。
タバコ 当日はお控え下さい。
スポーツ 激しいスポーツは2週間お控え下さい。
注意事項

◎注入後、部分的に皮下出血が出る場合がありますが、通常2~3日で消失します。腫れや赤みのある間は直射日光に長時間当たらない様にして下さい。

◎目元を強くこすったり、大きな負担をかけないで下さい。

Q&A
アレルギー体質ですが大丈夫ですか?
自己の皮下脂肪ですので、注入後の拒絶反応の心配はありませんので、ご安心下さい。
ヒアルロン酸同様、全て吸収される事はありますか?
生着するまでに、脂肪細胞の50~70%程が吸収されると言われていますが、50~30%は生着しますので、全て吸収される事はありません。
上下まぶた両方同時治療は可能ですか?
皮下出血や腫れが広範囲に出ますが、ご希望であれば同時治療は可能です。
注入後の腫れはヒアルロン酸注入後とは違いますか?
ヒアルロン酸の注入後の皮下出血・腫れが2~3日とすると、脂肪注入後の皮下出血・腫れは3~5日となります。脂肪細胞の生着に時間が要する分若干、皮下出血・腫れは長くなりますが、時間と共に腫れ・皮下出血は引いていきます。
2回目の脂肪注入(自己皮下脂肪)の間隔は、どの位がベストですか?
生着状態が落ち着くまでには3~6ヶ月程かかります。その後、様子を見て頂き再度注入のご相談下さい。
脂肪吸引箇所は決まっていますか?
基本的には、その方の体型に合わせ脂肪が多くついている箇所より吸引します。
注入後の違和感はありますか?
注入し生着し馴染むまでは、違和感つっぱり感はしばらくはありますが、必ず時間と共に落ち着きます。

目の整形のページです。
目や目元の整形なら大宮中央クリニックにおまかせ下さい。
確かな技術と多くの治療例を元に男性の院長と専門のカウンセラーが親身にサポートします。

トップへ