メンズ脱毛・医療レーザー脱毛 | 大宮中央クリニック

信頼と実績の中央クリニックグループ 大宮中央クリニック for MEN

forLadies
メール相談
カウンセリング予約
薄毛治療の大宮中央クリニックTOP > 診療科目 > メンズ脱毛・医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛 脱毛男性 脱毛は医療行為です。

メンズ脱毛

大宮中央クリニックのメンズ脱毛
メンズ脱毛大宮中央クリニック大宮中央クリニック メンズ脱毛専門サイトはこちら》 『永久脱毛』と耳にすると、一般的に女性の治療と言うイメージですが、毛量・体毛を気にするのは男性も同じですし、女性より毛深いのも普通ですから男性が脱毛されるケースは珍しい事ではありませんし、恥ずかしい事でもありません。 最近では、お一人でのご来院はもちろん、カップルでのご来院、ご夫婦でのご来院といったケースが非常に多くなってきました。 体毛が多い事でお悩みの方、1日1回のひげ剃りでも伸びが速くお悩みの方、ひげ剃り跡が青くなる・毛が太い為カミソリ負けしてしまう(肌・皮膚は荒れてしまう)、赤くなる、ヒリヒリする・一日二回髭(ひげ・ヒゲ)剃りが必要で大変・・・なんてお悩みの方、ツルツルのお肌を手に入れる事が可能です。 男性の脱毛希望箇所は顎髭(あごひげ・アゴヒゲ)・眉毛(まゆげ)・もみ上げ・ホホなどの脱毛を始めとし、最近では腕・足の脱毛はもちろん、脇(わき・ワキ)や陰毛(ビキニライン・肛門周り)などの脱毛に通われる方が増えてきました。 美容外科で男性が永久脱毛?と思われる方も多くいらっしゃるかと思いますが、メンズエステ・エステとの違いがしっかりとあるのです。
★メンズ脱毛で人気治療部位 TOP3★
メンズ脱毛人気NO.1!! ★顔全体脱毛 (ほほ・口ヒゲ・アゴヒゲ・フェイスライン・アゴウラ・ヒゲと言われる部位) 《悩み》 ☆ヒゲを剃るたびに、カミソリ負けして顔全体赤みが出る ☆朝ヒゲを剃っても夕方には青ヒゲになる ☆顔が白いから、ヒゲが目立つ ☆朝ヒゲを剃る時間が勿体ない ☆仕事柄、人に会う事が多く、清潔に見える様ヒゲをなくしたい 《顔全体をするメリット》 ・顔脱毛を施術して、ヒゲ剃る手間と時間もはぶけ、楽になった ・顔脱毛を施術して、ヒゲ剃り負けして、肌の赤み改善出来た ・顔脱毛を施術して、ヒゲが無くなる事により、見た目に清潔感が出た ・顔脱毛を施術して、ヒゲで青みがかってたのが、無くなった ・顔脱毛を施術して、1日2回行っていたヒゲ剃りがなくなった 《顔全体脱毛をするデメリット》 ・顔脱毛を施術する事で、直後、赤み ヒリヒリ感 ポツポツと赤く盛り上がる場合があります。(数日、炎症止めの薬を塗って頂く) ・1度顔全体脱毛を行い、毛量減った場合、毛を生やす事が出来ません。(残したい所以外脱毛可能) ・顔脱毛を施術する事で、肌状態によっては、かさぶた、白く色抜けする事あります。(長井目で見て頂ければ落ち着いていきます) メンズ脱毛人気NO.2!! ★口ヒゲ(口ヒゲ→鼻下部位)・アゴヒゲ脱毛(アゴヒゲ→口下部位) 《悩み》 ☆口ヒゲ・アゴヒゲのみ毛が濃く不自然 ☆口ヒゲ・アゴヒゲが目立ち、泥棒ヒゲになってしまう ☆口ヒゲ・アゴヒゲが太く、カミソリ負けをして赤みが出てしまう ☆1日何回もヒゲ剃りをしないと目立ってしまう ☆口ヒゲ・アゴヒゲのみ濃いので毛量を減らしたい 《口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛をするメリット》 ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術して、毛量が減り、頬・アゴ裏のヒゲとバランス良くなった ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術して、口ヒゲ・アゴヒゲがなくなり、見た目が良くなった ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術して、1日何回もしていたヒゲ剃りがなくなり楽になった ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術して、毛が太くカミソリ負けして赤みがあったが、肌が落ち着いた ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術して、自分で気にならなくなった 《口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛をするデメリット》 ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術する事で、毛量減ったあと、増やす事が出来ないので、今後ヒゲを伸ばしたくなる可能性のある方はよくお考えの上、ご相談下さい。 ・口ヒゲ、アゴヒゲのみ毛量減らしたい場合、全て均一に減る訳ではないので、多少のまだらさは残ります。 ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛の施術直後、一時的に赤み、ヒリヒリ感、ポツポツと赤く盛り上がる場合があります。(数日、炎症止めの塗り薬塗って頂く) ・口ヒゲ・アゴヒゲ脱毛を施術する事で、肌状態によっては、かさぶた、白く色抜けする事あります。(長い目で見て頂ければ、落ち着いていきます) メンズ脱毛人気NO.3!! ★陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)脱毛 《悩み》 ☆性行為の際、陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)の毛が気になる ☆尿をした際、毛にくっつき衛生面的に気になる ☆見た目が気になる ☆自分で毎回毛の処理をして傷付けてしまう ☆汗やお手洗い後の臭いがきになってしまう 《陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)脱毛のメリット》 ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)脱毛を施術して、性行為の際に気にならなくなり、コンドームに毛が巻きこむ事がなくなった ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)脱毛を施術して、女性に見られても、気にならなくなった ・自己処理がなくなり楽になった ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)脱毛を施術して、と一緒にアンダーヘア(V全体)脱毛したら、見た目もきれいになり、臭いも改善出来た ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋)・Oライン(肛門周り)脱毛を施術して、お手洗いの後、ウォシュレットをしなくても済む様になった 《陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)脱毛のデメリット》 ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋)・Oライン(肛門周り)脱毛を施術する事で、陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋) ・Oライン(肛門周り)は他の部位に比べて色素沈着があり、医療レーザーは黒いものに反応するので、火傷のリスクがある(肌状態見て、施行しますのでご安心下さい) ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋)・Oライン(肛門周り)脱毛施術直後、一時的に赤み、ヒリヒリ感、ポツポツと赤く盛り上がる場合あり(数日、炎症止めの塗り薬塗って頂く) ・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋)・Oライン(肛門周り)脱毛を施術する事で、肌状態によっては、かさぶた、白く色抜けする事ある(長い目で見て頂ければ、落ち着いていきます) 《全身脱毛とは》 全身脱毛は男性・女性ともに治療して頂いております。 現在、脱毛は全身から何ヶ所か好きな部位を選択するコースなどがエステや医院で多くみられますが、特に体毛が濃い場合、境目が出来ないよう、当院では、確実な全身脱毛のコースとなっております。 全身脱毛の範囲として、顔から足先までのコースと、顔を含まない、鎖骨下から足先までのコースがあり、ご本人様のご希望によって、ご案内可能になります。 また、1番太く、濃い男性器周囲のむだ毛、Vライン・太もも付け根・Oライン・陰茎(いんけい・竿)・陰嚢(いんのう・玉袋)も含まれた範囲になりメンズ全身脱毛はお得なコースとなります。 顔・首・へそ下・Vラインのむだ毛が気になっている場合、メンズ全身脱毛コースを選択する方が多くいらっしゃいます。 メンズ全身脱毛6回コース(鎖骨から足先まで) 《体重60キロまで》 ¥380000(1回あたり¥63333) ¥342000(1回あたり¥57000) ※ライン登録料金 Vライン・Oライン・陰茎・陰嚢含む 《体重80キロまで》 ¥460000(1回あたり¥76666) ¥414000(1回あたり¥69000) ※ライン登録料金 Vライン・Oライン・陰茎・陰嚢含む メンズ全身脱毛6回コース(顔から足先まで) 《体重60キロまで》 ¥440000(1回あたり¥73333) ¥396000(1回あたり¥66000) ※ライン登録料金 Vライン・Oライン・陰茎・陰嚢含む 《体重80キロまで》 ¥520000(1回あたり¥86666) ¥468000(1回あたり¥78000) ※ライン登録料金 Vライン・Oライン・陰茎・陰嚢含む
カウンセリング相談 メール相談
メンズ医療レーザー脱毛
男性(メンズ)でも体毛は気にしますし、気になります。 安全・確実・安心と言われている医療レーザー脱毛はどうような治療なのか、エステとどう違うのかよくわからないという男性(メンズ)にこのサイトを是非参考にしていただければと思います。
医療レーザー脱毛
医療レーザー脱毛とは、言葉通り電気脱毛・レーザー脱毛・光脱毛などで減毛する、医療機関で医師の管理のもとで行う医療行為(脱毛)の事です。 毛根が残っている限り、毛は何度でも再生されるので毛根を破壊します。レーザー脱毛は医療行為にあたる為、医療機関(病院・クリニック)でしか行えません。 医療レーザー脱毛の仕組みは、レーザーの熱エネルギーが毛根色素(メラニン)に集まり、毛根を一瞬で破壊する脱毛です。黒い物質だけを破壊するレーザーの波長なので、表皮や周辺組織を破壊することなく治療する事が出来ます。 毛深い男は嫌らわれる!脱毛といえば“女性の悩み”というイメージが強いですが、最近は“毛深い”ことがコンプレックスになっている男性も多い様です。 従来の脱毛方法は、痛みや時間を要しお肌への負担も大きいものでした。 しかし、医学の進歩により、脱毛専門のレーザーが新しく開発され、安全・確実・時間・費用とあらゆる面で優れている為、現在の脱毛治療の主流となっています。 中央クリニックでは、最新の医療用レーザー機器を駆使した脱毛治療を行っており、ヒゲ・スネ毛・胸毛等、女性から嫌らわれるムダ毛の悩みを解決する事が可能です。
レーザー脱毛とは…
毛と毛根の色素(メラニン)に反応し、毛根周囲にレーザーの熱エネルギーが集まる事により、毛根を一瞬で破壊するものです。黒い物質だけを破壊するレーザーの波長なので、表皮や周辺組織を破壊する事なく治療する事が出来ます。 毛には、成長期、退行期、休止期という毛の生え変わるサイクル(毛周期)があります。メラニンの少ない休止期の毛にはレーザーは殆んど反応しません。その関係で最初の2~3回はレーザー脱毛治療後でも発毛の本数に変化がみられない事があります。効果を得られるまで平均6~10回前後の医療レーザー脱毛治療が必要です。但し、個人差がありますので、その方によって必要な回数も異なります。 レーザー治療は最低2ヵ月以上(顔は1ヵ月以上)の間隔をあける必要があります。2ヵ月(顔は1ヵ月)より早く次の治療をしても効果はありません。医療レーザー脱毛治療の痛みは、輪ゴムで弾かれた様な痛み、熱さがあります。痛みに弱い方、冷やしてから照射する事も可能ですが、冷やす事によって毛根が収縮し、レーザーの光が届きにくくなる為多少効果が弱まる場合がありますのでご了承下さい。治療後は毛穴周囲に赤みやヒリヒリ感が生じますが、通常数時間~1日以内に消失します。又、ポツポツと小さなカサブタの様なものが出来る場合が稀にありますが自然と消失します。
毛周期とは
毛には抜け落ちる毛と、再生される毛があり、この毛のサイクルを『毛周期』と言います。 毛周期は『成長前期』『成長後期』『退行期』『休止期』のサイクルに分かれ、生えている部分により、伸びる速さが少しずつ異なります。 成長前期→毛母細胞の分裂がはじまり皮膚の中で毛の成長が始まる状態を言います。 成長後期→毛母細胞の分裂が活発になり毛が表皮に伸びている状態の事を言い表皮に出ている毛は全体の毛量の3分の1程度の毛量になります。 退行期→成長段階を終え毛が抜けるまでの状態を言います。 休止期→毛が抜けてから再び成長するまで皮膚の中で休んでいる段階の状態を言います。

脱毛の種類

『脱毛』といっても種類はあり ①電流、熱を利用した『針脱毛』 ②熱を利用した『光脱毛』『レーザー脱毛』 ③ワックスやクリームを使った『抜き脱毛』『溶解脱毛』 に分かれます。 ①電流、熱を利用した『針脱毛』とは 毛穴一つ一つに針を刺し、針に電流を流して電気で毛根を熱分解する方法です。 確実性が高く、狭い部分などに有効です。 ただし、電流が流れる痛みが強く、一本一本の処理のため、施術時間がかかります。また、施術回数が増えるため、予算が予想よりかかる場合があります。 ②熱を利用した『光脱毛』『レーザー脱毛』とは 高周波やレーザー光を利用し、毛根を熱分解する方法です。 脱毛効果が高く、痛みもほとんど無いため、結果的に安く短期間で永久脱毛が可能です。 ただ、これにはエステとクリニックで違いがあります。 『レーザー脱毛』は病院でしか受けられません。 『レーザー脱毛』で使用するレーザー機には様々な種類があるのですが、その中でアレキサンドライトレーザーというレーザー機があり、この機械のような日本人向けレーザー機を使用しているクリニックで受けることをお勧めします。 ③ワックスやクリームを使った『抜き脱毛』『溶解脱毛』とは 『抜き脱毛』はワックスや毛抜きを使って抜くだけの方法です。 『溶解脱毛』は薬剤を塗布し、毛根自体を溶かしてしまう方法です。 どちらも通販等で売られ、安く出来るのがメリットです。 ただ、効果がその時だけだったり、炎症等の皮膚疾患等引き起こす場合が多い方法です。

最新治療機器

☆彼女や知人に体毛を指摘された。 ☆脱毛したい・毛を無くしたい・毛を減らしたい ☆髭剃りが面倒・ヒゲを剃っても青くなってしまう・ヒゲ剃りで皮膚が荒れてしまう(かみそり負け) ☆薄着の季節に向けて脱毛したい・水着を気にせず着たい ・Vライン(ビキニライン・エライン・アイライン・肛門周り・陰毛)の脱毛をしたい・わき毛を無くしたい ☆ひげ・陰毛の形を整えたい ☆部分的に毛を減らしたい ☆体毛(乳輪・胸毛・へそ周り・手・足)を無くしたい ☆つるつる肌にしたい ☆安心して治療を受けたい

メンズ医療レーザー脱毛可能箇所

◇顔・眉周り・もみ上げ・頬(ホホ) ◇口髭(ひげ・ヒゲ) ◇アゴ髭(ひげ・ヒゲ) ◇アゴ裏 ◇首 ◇上腕 ◇前腕 ◇脇(わき・ワキ) ◇乳輪周り ◇胸部 ◇お腹 ◇へそ周り ◇臀部(おしり) ◇ビキニ(V)ライン ◇Iライン ◇Oライン ◇肛門周り ◇大腿(太もも) ◇下腿(膝から下)

最新治療機器

当院では医療のみで使用許可されているアレキサンドライトレーザー治療機を使用しています。 アレキサンドライトレーザーは日本人の肌質、毛質を考え肌に負担をかけずに脱毛効果を得る事が出来ます。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザー

皮膚に存在するメラニン色素に対し選択的に吸収されやすい波長を持つロングパルスアレキサンドライトレーザーは良性の色素性疾患治療や医療レーザー脱毛に有効です。

医療レーザー永久脱毛の仕組み

毛穴全体を毛包といい、毛根の底の栄養素を取り入れる球状部分を毛乳頭といいます。 この毛乳頭の上部にある毛母は、毛乳頭から送られる栄養を元に細胞分裂し毛が伸びます。これが毛の伸びる仕組みです。 永久的な脱毛効果を得る為には、毛が再生(伸びる)する毛根の毛母細胞を破壊しなければなりません。 この毛母細胞を破壊するには、65℃~70℃以上の熱が必要です。 レーザーで熱を加えることで毛母細胞が破壊され、毛が成長する機能を失い、永久的な脱毛効果を得る事が出来るのです。 レーザーは黒いものにだけ反応します。 肌の上から照射しても、毛根を取り囲んでいる黒いメラニンにだけ反応し、毛母細胞だけを熱で破壊します。 肌にはレーザーが反応しないために皮膚に負担がかからないのです。

治療前の注意事項

☆当日は照射部へのボディスプレー(香水・抑汗スプレー)やボディークリーム、薬品などの使用は避けましょう。 ☆治療前の1週間は長時間の日焼けは控えましょう。黒く焼けた肌にレーザーが反応して火傷したり、反応しないように調整して効果がなくなったりします。 ☆治療前の2週間から毛抜きは控えましょう。毛根が小さくなり、効果が薄くなることがあります。剃毛処理は問題ありません。 ☆以前に脱毛をしたことがある人は、顔は1ヶ月間、体は2ヶ月間の期間を空けましょう。

治療後の注意事項

☆レーザーの照射部の抑汗スプレー、ボディークリーム、薬品などの使用は刺激となり炎症の原因となりますので使用は避けてましょう。 ☆当日の飲酒は、患部に発疹が出やすくなる為、なるべく避けましょう。 ☆当日の入浴は、ぬるめのお湯、又はシャワー程度にして、照射部のボディーソープ、、ボディータオルの使用は患部の刺激・負担になりますので避けましょう。 ☆かゆみや赤み、発疹が出た場合は、刺激を与える事は避け、冷たいタオルなどでクーリングを行い早めに医師に相談しましょう。 ☆日焼けは肌への負担をかけてしまう為、外出時は日焼け止めクリームを塗るなどしてUVケアを心掛けましょう。

脱毛について

エステサロン脱毛との違い
一般的に脱毛といえば「エステ」という印象がありますが肌の組織に直接障害を及ぼす恐れが考えられる電気脱毛・レーザー脱毛・その他の強力なエネルギーを有する光線による脱毛は「医療行為」にあたります。 エステで行う脱毛と医療機関で行う脱毛の違いの一つ目は治療の安全性です。 医院で使用されているほとんどの医療レーザー脱毛装置には高出力でも火傷を防ぐ為の冷却装置が内蔵されていますが、エステで使用されている光脱毛は内蔵されていません。 機械自体の照射による火傷などのトラブルがあった場合、どうでしょうか? 医療レーザーは医師の管理下で医療資格を持った者しか施行しませんので、確実に安全に治療する事が可能です。 また、医師がいるという事は正しい判断が出来、お肌のご状態や症状に合わせた迅速な対処・ご治療が可能にもなります。 2つめは、医療機関で扱うレーザーの光線は、直進する性質があり、1メートル離れていても、目に向けて照射すれば失明する可能性がある程の出力になり、エステなどで使用される光脱毛のIPLフラッシュ光線などの出力に比べ高出力になります。 医療機関での医療レーザー永久脱毛では、万一のトラブルに対し、適切かつ迅速に医師の診察が受けることが可能であり、安心して確実な効果を得られる永久脱毛治療を受ける事が出来ます。 現在最も優れた治療効果が認められているアレキサンドライトレーザーを当院は使用しています。
毛周期とは
毛には『毛周期』と言われる抜け落ちる毛と再生される毛に分類され、このサイクルを毛周期と言います。 毛周期は『成長期』『退行期』『休止期』の3つのサイクルに分かれ、生えている部分により伸びる速さが少しずつ異なります。 成長前期とは→毛母細胞の分裂がはじまり皮膚の中で毛の成長が始まる状態を言います。 成長後期とは→毛母細胞の分裂が活発になり毛が表皮に伸びている状態の事を言い表皮に出ている毛は全体の毛量の3分の1程度の毛量になります。 退行期とは→成長段階を終え毛が抜けるまでの状態を言います。 休止期とは→毛が抜けてから再び成長するまで皮膚の中で休んでいる段階の状態を言います。 この時期に当てはまる毛に対して脱毛治療をしても効果は無く、1度で処理が出来ない・2~3回治療を重ねても毛量が変わらない・効果が見られないと感じてしまうのはこの毛周期の中で休止期段階の毛があるからです。
毛の種類
全身の毛は生えている部分により毛周期が異なりますが、毛は大きく分けて2つに分類され第二次成長時期に生えてくる毛包組織が非常に強い『性毛(アゴひげ・胸毛・わき毛・陰毛)』と性毛以外の毛で比較的毛の細い『無性毛』になり、前者は後者に比べ毛周期が1~2年と非常に長い為、脱毛治療期間が長くかかってしまう理由になります。 この様に毛の種類・毛周期の違いにより脱毛治療の間隔・回数が異なってきます。

脱毛の仕組み

医療機関とエステ、サロンとの違い
アレキサンドライトレーザー 一般的に脱毛といえば「エステ、サロン」という印象があります。肌の組織に直接障害を及ぼす恐れが考えられる電気脱毛・レーザー脱毛・その他の強力なエネルギーを有する光線による脱毛は、近年、厚生労働省より「医療行為」と認定されました。 エステ、サロンで行う脱毛と医療機関で行う脱毛の違いはそこにあり、一つ目は治療の安全性です。医院で使用されているほとんどの医療レーザー脱毛装置には高出力でも火傷を防ぐ為の冷却装置が内蔵されていますが、エステ、サロンで使用されている光脱毛は内蔵されていません。機械自体の照射による火傷などのトラブルがあった場合、どうでしょうか? 医療レーザーは医師の管理下で確実に安全に治療する事が可能です。また、医師の管理下であるかないかは、皮膚トラブルがあった場合に、対応出来るかどうかに分かれます。 二つめは、医療機関で扱うレーザーは光線は、直進する性質があり、1メートル離れていても、目に向けて照射すれば失明する可能性がある程の高出力になります。一方、エステ、サロンなどで使用される光脱毛のIPLフラッシュ光線は、電球のように拡散し、眩しくても失明する事のない低出力になります。よって出力による効果の差があり、長い治療回数・期間が必要になる事になります。 医療機関でのレーザー脱毛では、万一のトラブルに対し、適切かつ迅速に医師の診察が受ける事が可能であり、安心して確実な効果を得られる脱毛治療を受ける事が出来ます。 当院では現在優れた治療効果が認められている最新のアレキサンドライトレーザーを当院は使用しています。

レーザー脱毛 針脱毛 IPL脱毛
痛み 輪ゴムでパチンと弾かれる程度 強い痛み、激痛 輪ゴムでパチンと弾かれる程度
照射時間 ワキ(わき) 3~5分 ワキ(わき) 1時間~1時間半 ワキ(わき) 3~5分
安全面 衛生面 医師の管理の下での看護師の治療。安心。トラブル時迅速な対応が可能 ヤケド、炎症、感染、皮膚トラブル起こしやすい。施術者の差がかなりでる。 無資格の施術者。 医師がいない為、トラブル時対処が厳しい。
どういった状態で治療するか? 剃毛 5mm位のばす 剃毛

エステ脱毛との違いとは

一般的に脱毛といえば「エステ」という印象がありますが、肌の組織に直接障害を及ぼす恐れが考えられる、電気脱毛・レーザー脱毛・その他の強力なエネルギーを有する光線による脱毛は、「医療行為」にあたります。エステで行う脱毛と、医療機関で行う脱毛の違いについて説明します。 1つ目は、治療の安全性です。 病院やクリニックで使用されているほとんどの医療レーザー脱毛装置には、高出力でも火傷を防ぐ為の冷却装置が内蔵されていますが、エステで使用されている光脱毛は内蔵されていません。 機械自体の照射による、火傷などのトラブルがあった場合、エステでは適切な対処ができません。 医療レーザーは、医師の管理下で医療資格を持った者しか施行できませんから、病院やクリニックでは確実に安全に治療する事が可能です。 また、医師がいるという事は正しい判断が出来、お肌の状態や症状に合わせた迅速な対処・治療が可能です。 2つ目は、確実性です。 医療機関で扱うレーザーの光線は、エステ等で使用される、光脱毛のIPLフラッシュ光線などの出力に比べて高出力です。1メートル離れていても、目に向けて照射すれば失明する可能性がある程の出力になります。 高出力で毛根を破壊するのですから、効果は高く、治療期間も短く、永久的な脱毛が可能になるのです。 医療機関での医療レーザー永久脱毛は、効果が高く、万一のトラブルがあっても、適切かつ迅速に医師の診察が受けることが可能なため、安心して確実な効果を得られる永久脱毛治療と言えます。

自己処理による肌トラブル

ご家庭で自己脱毛を行う方がいますが、あまりお勧めしません。トラブルの例を列記します。 ■カミソリ 毛と共に皮膚の角質まで剃ってしまう為に肌への負担が大きい。 角質だけでなく、刃により皮膚が傷ついてしまった場合、傷口から細菌が入ってしまうことがある。 ■毛抜き 毛を引っ張る為、毛包(毛穴)周囲の皮膚に負担を与えてしまう。 又、空洞になった毛包部に細菌が入ってしまうことがある。 ■ワックス 毛抜き同様、細菌が入りやすい事と、1本1本の処理では無い為、塗布部の皮膚全体が肌荒れなどの炎症をおこしてしまうことがある。 ■クリーム 毛自体を溶かすタイプは、ワックス同様に、塗布部の皮膚全体がかぶれてしまったりと、肌トラブルの原因になってしまう。

医療レーザー脱毛治療はこんな方にお勧め

○永久脱毛したい・毛を無くしたい・毛を減らしたい ○髭剃りが面倒・ヒゲを剃っても青くなってしまう・ヒゲ剃りで皮膚が荒れてしまう(かみそり負け) ○薄着の季節に向けて脱毛したい・水着を気にせず着たい・Vライン(ビキニライン・Iライン・アイライン・肛門周り・陰毛)の脱毛をしたい・わき毛を無くしたい ○ひげ・陰毛の形を整えたい ○部分的に毛を減らしたい ○体毛(乳輪・胸毛・へそ周り・手・足)を無くしたい ○化粧のりを改善・良くしたい ○つるつる肌のしたい ○安心して治療を受けたい 当院では 医療でのみ使用の許可されたレーザー治療機(アレキサンドライトレーザー)です。 日本人の肌質、毛質を考えて肌に余分な負担をかけずに効果的に脱毛する事が出来ますのでご安心ください

医療レーザー脱毛を受けられない方

☆妊娠中の方、妊娠の可能性がある方 ☆重症のアトピー性皮膚炎、ケロイド体質の方 ☆照射部位に傷、火傷、アザ、しみ、色素沈着、入れ墨がある方(部分的に避けてのご治療は可能) ☆皮膚感染、単純ヘルペス、喘息、糖尿病、自己免疫疾患、伝染病疾患をお持ちの方

医療レーザーメンズ脱毛Q&A

医療レーザー脱毛は1回でどの位の範囲まで照射可能ですか?
ご希望の範囲でご治療可能になります。1日に全身治療も可能です。
男性(メンズ)の場合、髭(ひげ・ヒゲ)・顔などの部位しか医療レーザー脱毛できないのですか?
男性(メンズ)の場合でも手や足・脇・Vライン(ビキニライン・陰毛)など全身の医療レーザー脱毛が可能です。
肌荒れ(かみそり負け)がひどく医療レーザー脱毛は可能なのでしょうか?
照射の出力は弱くする可能性はありますが、治療可能です。炎症が酷い場合、医療レーザー脱毛期間を調節すると良いです。
男性(メンズ)の場合、陰嚢・陰茎・肛門周り等のデリケート部位も医療レーザー脱毛できますか?
医師の診察の上で照射可能かを判断します。色素沈着等があまり酷くなければ男性(メンズ)のデリケートゾーンの医療レーザー脱毛治療は可能です。
エステと医療レーザー脱毛の違いは何ですか?
大きな違いは医療機関であるか、そうでないかの違いです。 レーザーの出力に差があるため男性のヒゲなどの場合エステではあまり効果は得られません。
剃った後に青くなってしまうのですが、医療レーザー脱毛治療によって改善されますか?
1~2回の医療レーザー脱毛治療で改善は難しくなりますが、脱毛回数を重ねて頂ければ剃毛する事による青ヒゲは改善されていきます。
自分で処理していた為、毛が埋もれたり、毛穴が黒ずんでいるのですが、医療レーザー脱毛で改善されますか?
レーザーは黒いメラニンに反応し、破壊していきますので、埋もれ毛や毛穴の黒ずみも改善されていきます。
仕事上日に当たり肌が黒いのですが、医療レーザー脱毛治療はできますか?
日焼けしていると医療レーザー脱毛治療ができません。医療レーザー脱毛治療後に日に当たると、その部分がしみになりやすいためUVクリーム等を使用し日焼けしないように注意して下さい。また、日焼けしてしまっている場合は色が落ち着くまで医療レーザー脱毛治療が出来なくなります。
胸毛などは、部分的に形を整えたいのですが可能ですか?
希望の範囲で医療レーザー脱毛治療を行いますので、ご希望の範囲をご相談下さい。
医療レーザー脱毛は1回でどの位の範囲まで治療可能?
希望の範囲で可能です。1日に全身治療も可能です。
どの部位の毛でも照射可能?
どの部位でも、レーザー治療は可能ですが乳輪部や日焼けした部位、色素沈着がひどい部位や炎症部は火傷の原因になりますので、ご治療が出来ません。
医療レーザー脱毛は危険ではないですか?
当院では専門医師と看護師が担当しており、安全性を最大限配慮した上で効果が確実に出るように心掛けております。 万が一、肌にトラブルが生じた場合は治療薬を用いて迅速に対応させて頂きますのでご安心下さい。
医療レーザー脱毛後は、永久的に毛は生えてこなくなりますか?
ホルモン異常の病気やホルモン剤投与などといった事が無い限り、また太い毛が生えてくるという可能性は非常に少ないと考えられています。 医療レーザー脱毛は、現在ある治療法の中でも最も効果のある方法ですし、これからも需要が高まっていくご治療です。
何歳から脱毛出来ますか?
成長期を過ぎてから、体が大人になる18歳前後を目安に医療脱毛する事がいいかと思われますが、成長段階も個人差がありますので、個々の成長とお悩みを考慮して頂ければ10代前半でもご治療は可能になります。
脱毛でワキガは治りますか?
脱毛治療によって改善したという方もいますが、ワキガの原因であるアポクリン汗腺は残ったままなので、ワキガを脱毛治療で治す事は難しくなります。
医療レーザー脱毛治療期間は、毛の処理はどのようにすればよいですか?
剃毛でしたら大丈夫ですが、脱毛クリームや毛抜き・脱色等は行わないで下さい。
自己処理で埋没した毛があるのですが、医療レーザー脱毛を受けても問題ないですか?
埋没した毛は自己処理をしなくなる事で、自然と治っていきますので問題ありません。
普段ブリーチ(脱色剤)をしているのですが、すぐに脱毛治療出来ますか?
医療レーザー脱毛は黒いメラニン色素に反応しますので、黒い毛が生えてくるまで2~3週間時間をおいてからのご治療をお勧めします。
医療レーザー脱毛後、汗の量などに変化はありますか?
毛には皮脂腺がつながっている為、足や腕などのご治療後は乾燥しやすくなったと感じる方がおり、脇の場合は毛が無くなる事により肌が滑らかになる為、汗が流れ落ちるように感じる方もいらっしゃいますが、汗の量自体には全く変化ありませんのでご安心下さい。
遠方な為、治療に通えるのが半年に1度位なのですが、それでも効果を得る事が出来ますか?
あくまでも通うサイクルは目安である為、ご自身のライフスタイルの合わせてのご治療ペースで問題ありません。
病院と離れたところにいる為、治療に通えるのが半年に1度位なのですが、それでも効果を得る事が出来ますか?
あくまでも通うサイクルは目安である為、ご自身のライフスタイルに合わせてのご治療ペースで問題ありません。
メンズのあご髭・口ひげの脱毛は何回位かかりますか?
医療レーザーメンズ脱毛は毛量、濃さ等で最も回数が必要となります。個人差もありますが、完全になくすまで10回以上治療される方が多くいらっしゃいます。
普段毛の処理した事ないのですが何で剃ればよいですか?
赤みが出やすい方、毛が太い箇所は電気シェーバーでの処理をおすすめ致します。もしくは、入浴時に良くボディーソープを泡立て、かみそりでシェービングをして頂くと赤みが出にくいかと思います。
ズポーツをしたり、海へ行くことが多いのですがメンズ脱毛できますか?
医療レーザーメンズ脱毛はメラニンに反応して脱毛を行っていきます。お肌が焼けて黒くなってしまうと反応をしてお肌トラブルになる可能性が高い為、ご案内が出来かねてしまう場合もありますので1度ご相談頂ければと思います。
カミソリ負けをして赤みがあったり、敏感肌でもメンズ顔脱毛できますか?
カミソリ負けや強い赤みのある部分は医療レーザーの照射出力を調節させて頂き、避けさせて頂く場合もあります。普段カミソリ負けをして赤みの出やすい方、敏感肌の方でも医療レーザーメンズ脱毛をして頂く事でお肌を傷つけるリスクも減らし行くことが可能です。
メンズ顔脱毛の金額はいくら位かかりますか?
回数によっても異なりますが、メンズ顔脱毛1回2万円前後、6回10万円前後お掛かりします。それ以上の回数コースは1回あたりがもう少しお安くご案内可能になりますのでカウンセリングにて脱毛範囲を確認させて頂きながら説明をさせて頂ければと思います。
胸だけ、肘下だけ、膝下だけでもメンズ脱毛できますか?
1ヶ所のみの医療レーザーメンズ脱毛も可能ですが、境目が出来てしまいますので胸とお腹、肘下と肘上、膝下と膝上等毛量が多いようでしたら一緒行って頂くとより自然です。
メンズなので脱毛をするのが緊張します。
当院には男性の医療レーザーメンズ脱毛の患者様も多くいらっしゃいますのでぜひお気軽にご相談頂ければと思います。
メンズだと脱毛出来ない箇所はありますか?
男性でも、粘膜以外の全ての部位が医療レーザーメンズ脱毛可能です。
ヒゲを抜いてしまう癖があるのですが、ヒゲ脱毛できないの?
毛には毛周期というサイクルがあり、そのサイクルに沿ってメンズ脱毛を行っております。毛を抜いてしまうとこのサイクルが崩れてしまい、脱毛の効果が無くなってしまいますので医療レーザーメンズ脱毛をご検討の場合は毛を抜かないようお願いしております。
メンズだと痛いというのは本当ですか?
男性のヒゲ脱毛は痛みが強い可能性は高いです。お顔は元々脂肪層が薄いことと、男性のヒゲは、密度、メラニンが濃いからです。しかし、当院には冷却装置がありますので痛みを緩和していくことが可能です。
乳輪や、ほくろの毛が気になるのですが、脱毛できますか?
申し訳ございませんが、医療レーザーメンズ脱毛はメラニンに反応しますので、元々メラニンのある部分に照射をしますと火傷の原因などになりますので照射出来かねます。
メンズ顔脱毛は、何分くらいかかりますか?
顔のみの脱毛ですとご来院から病院を出るまで10分程度で終了します。
メンズ脱毛は、どの位のペースで脱毛しますか?
当院での医療レーザーメンズ脱毛では最短でお顔は3週間、お体は6週間の治療が可能です。
メンズ脱毛しても白髪だけが抜けませんが、どうしてですか?
医療レーザーメンズ脱毛はメラニンに反応して永久脱毛をしていきます。メラニンのなくなった白髪は、反応しない為、脱毛治療はできかねます。
メンズ脱毛後に、赤くプツプツとしたものが出ました。
医療レーザーメンズ脱毛では直後に一時的な物で赤みが出る可能性もありますが、炎症止めのお薬をお渡ししておりますのでそちらを塗って頂ければと思います。3日以上続く場合はご連絡下さいませ。
気になる箇所が多数ありますが1度(1日)で脱毛照射可能ですか?
1度(1日)に脱毛できる範囲の規定はございませんので、全身の脱毛も1度(1日)で照射可能になります。
料金
備考 料金
顔全体 6回セット ¥98,000
12回セット ¥168,000
脇脱毛 6回セット ¥12,800
陰毛全体 6回セット ¥148,000
指毛・口ヒゲ・アゴヒゲ 6回セット 各¥19,800
ホホ 6回セット ¥49,800
6回セット ¥84,800
ヘソ下 6回セット ¥39,800
(脱毛の範囲によって金額が変わる事もあります。詳しくは専門のスタッフとご相談下さい。) 詳しい料金はこちら
カウンセリング相談 メール相談

メンズ脱毛・医療レーザー脱毛に関するページです。
メンズ脱毛・医療レーザー脱毛なら大宮中央クリニックにおまかせ下さい。
確かな技術と多くの治療例を元に男性の院長と専門のカウンセラーが親身にサポートします。

トップへ